移行ガイドライン

推奨通信方式

JEITA ECセンターでは、INSネット ディジタル通信モード(ISDN回線)上で全銀手順(拡張Z手順、BSC手順)にて通信する方式、及び加入電話回線(メタル回線)上で全銀手順(拡張Z手順、BSC手順)にて通信する方式を利用している企業の対応として、将来性の観点から、インターネット回線を利用したebXML MS3.0手順(ebMS手順)への移行を第一に推奨します。

既にebMS手順にようる移行実証実験なども行い、業務プロセスやメッセージへの影響がなく、安価で容易に移行できる見通しが立っています。

業界移行スケジュール

2023年1月から影響が発生する可能性があるため、2022年12月末までに移行完了することを推奨します。期限までに移行完了させるためには、EDIを利用している企業はまずは影響確認としてEDI利用回線の有無を確認する必要があります。

なお、詳細を記載した移行ガイドライン第1版を2018年3月に公表を予定しております。