お知らせ
ECセンター案内
各種手続き
標準類
トップページ ≫ お知らせ ≫ 消費税法改正対応について(ECALGAユーザ企業へのお願い)


2019年10月04日 : 消費税法改正対応について(ECALGAユーザ企業へのお願い)
本年10月より施行された消費税法改正について、既にJEITA/ECALGA標準の対応方針を公開(2019/7/3)しておりますが、新たに「税率別合計情報(仮称)」の検討が完了しましたので概念検証版を公開し、広くユーザー企業の実務担当者の方にEDIメッセージ(情報種)の必要性について確認をしたいと思います。

概念検証版とは? ;
EDIメッセージの正規化にあたり、その必要性や運用性、また情報項目の過不足について机上検証を行うための簡易ドキュメント。


JEITA/ECALGA標準 消費税法改正対応について(ECALGAユーザ企業へのお願い)
税率別合計情報(仮称)【概念検証版】

-------------------------------------
(検証の目的)
適格請求書等保存方式が開始される2023/10までに、ユーザ企業の実務面から求められるニーズを的確にとらえ、「税率別合計情報(仮称)」の有用性を確認するとともに、正式情報種として正規化を行うことを目的とする。

(検証いただきたい事)
消費税法改正内容を考慮したうえで、「税率別合計情報」の必要性(運用性)及び税率別合計情報を構成する情報項目の過不足についてご確認いただきたい。

(検証期限)
2020年3月末日までにご確認いただき、お問い合わせフォームよりご意見をお寄せください。

ご不明な点につきましてもお問い合せフォームよりご連絡ください。

印刷用ページ