お知らせ
ECセンター案内
各種手続き
標準類
トップページ刊行物 ≫ JEITA/ECALGA標準

JEITA/ECALGA標準

本欄でご紹介する刊行物/CD-ROMはECALGA導入における必要事項を取り纏めたものです。
概要は書籍名をクリック願います。
CII準拠フォーマットも含んでいます

「JEITA/ECALGA標準 2017年度版」

2017年度版は、分冊1~5として2018年3月1日に発行しました。

[標準定義体]は、本標準を適用してEDI業務を実施する際の導入を簡便にするツールであり、下記、各種標準定義体につきましては、「ECALGA標準ダウンロード」のページをご参考ください。
   - CPA雛型 [ebXML用定義体]
   - BPSS定義体 [ebXML用定義体]
   - XMLスキーマ [ビジネスドキュメント型定義]

区分 一般価格 会員価格
分冊1~5セット(冊子とCD-ROM) 19,440円 6,480円
分冊1 解説編・技術編・資料編 3,240円 1,080円
分冊2 業務モデル編(ECM)、ビジネス辞書編(ECM) 6,480円 2,160円
分冊3 国内業務モデル編(SCM) 6,480円 2,160円
分冊4 国内ビジネス辞書編(SCM) 6,480円 2,160円
分冊5 海外業務モデル編(SCM)、海外ビジネス辞書編(SCM) 3,240円 1,080円
CD-ROM (内容 : 分冊1~5セット) 9,720円 3,240円

「JEITA/ECALGA標準 英語版 Ver-01」

区分 一般価格 会員価格
冊子版 3,240円 1,080円
CD-ROM 1,620円 540円


「JEITA/ECALGA標準 中国語版 Ver-01」

区分 一般価格 会員価格
冊子版 3,240円 1,080円
CD-ROM 1,620円 540円


ECALGA導入ガイド

区分 価格 会員価格 発行
共通版 4,320円 2,160円 2005年7月
技術情報交換編 4,320円 2,160円 2013年11月
倉庫事業者預託モデル編 4,320円 2,160円 2005年11月
違算発生防止ガイド 2,160円 1,080円 2007年11月
メールEDI運用標準ガイドライン 2,160円 1,080円 2007年11月
Web-EDIガイドライン 2,160円 1,080円 2014年7月
ebXML手順実装ガイドライン 2,160円 1,080円 2015年3月
ASP間運用標準ガイドライン(ebXML) 2,160円 1,080円 2012年2月





JEITA/ECALGA標準書

本欄でご紹介する刊行物/CD-ROMはECALGA導入における必要事項を取り纏めたものです。

「JEITA/ECALGA標準 2017年度版」

区分 概要
分冊1~5セット 5分冊のセット販売です。
分冊1 解説編・技術編・資料編 解説編:ECALGA基本方針、概要
技術編:・データ交換のシステムルール
     ・データの作成方法
資料編:・EDI取引基本契約
     ・CIIタイプからXMLタイプへの移行ガイド
     ・全銀協メッセージ・フォーマット
     ・TPA一覧
分冊2 業務モデル編(ECM)、ビジネス辞書編(ECM) ・技術情報交換ビジネスモデル集
・ビジネスドキュメント(CIIタイプ、XMLタイプ)
・クラス定義、データ項目定義、コード定義
分冊3 国内業務モデル編(SCM) 商取引情報交換ビジネスモデル集
・見積依頼
・支給取引
・受発注
・標準納品システム
・倉庫事業者預託モデル
・コンサイメント標準納品システム
・輸出梱包
・返品
・請求支払  等
分冊4 国内ビジネス辞書編(SCM) ・ビジネスドキュメント(CIIタイプ、帳票・ラベル、XMLタイプ)
・クラス定義、データ項目定義、コード定義
分冊5 海外業務モデル編(SCM)、海外ビジネス辞書編(SCM) ・海外取引におけるビジネスモデル
・海外取引におけるビジネスドキュメント(CIIタイプ、XMLタイプ)


「JEITA/ECALGA標準 英語版Ver01」、「JEITA/ECALGA標準 中国語版Ver01」

区分 概要
JEITA/ECALGA標準 英語版Ver01 海外業務モデル編(SCM)、海外ビジネス辞書編(SCM)の英語版
・海外取引におけるビジネスモデル
・海外取引におけるビジネスドキュメント(CIIタイプ、XMLタイプ)
JEITA/ECALGA標準 中国語版Ver01 海外業務モデル編(SCM)、海外ビジネス辞書編(SCM)の中国語版
・海外取引におけるビジネスモデル
・海外取引におけるビジネスドキュメント(CIIタイプ、XMLタイプ)


ECALGA導入ガイド

区分 概要
共通版 システム編と業務編で構成されており、ECALGA導入に際してのシステム面と業務面の共通部分の解説書です。
技術情報交換編 技術情報交換モデル<部品情報・技術見積・サンプル要求・納入仕様書・購入仕様書・廃止品情報・環境情報・CADデータ・シミュレーションデータ等の情報交換>の概要を理解し、自社にシステム環境を構築して実務に利用するための手引書です。初版の2007年版を全面的に見直し2013年に改訂版を発行しました。情報交換に使用するメッセージ項目を詳細に説明するとともに、技術情報区分に該当する添付ファイルの概念、情報交換のビジネスフローサンプルも記しています。また、実証実験で改修した情報交換で使用するツール(無償提供)の使い方等に関しても説明を加えています。
倉庫事業者預託モデル編 発注者編・受注者編・倉庫事業者編等で構成されており、それぞれの利用者立場で活用できる導入ガイドです。
違算発生防止ガイド 違算発生の業務プロセスを明らかにし、未然に防止するための方策につきガイドしております。
メールEDI運用標準ガイドライン ECALGA標準のドキュメントを電子メールを利用して交換するための運用基準を定めたものです。
Web-EDIガイドライン Web-EDI利用者側に過度の不便さ、使い勝手の悪さ等の問題が発生しないように、Web-EDI構築にあたって対応すべきあるいは対応することが望ましい項目について本ガイドラインとしてまとめました。
2011年の改訂では、『JEITA/ECALGA標準に即したWeb-EDIの運用』および『海外対応』において留意すべき事項を追加し、2014年の改訂では、ファイル転送型EDIの扱いに関する説明を追加しています。
ebXML手順実装ガイドライン JEITA/ECALGA標準のebXML手順を実装するためのガイドラインです。
2015年の改訂では、ebXML MS仕様をV3.0にバージョンアップした他、クライアント・サーバの実装仕様の規定等を追加しています。
ASP間運用標準ガイドライン(ebXML) ASP間接続における実装上及び運用上の課題を解決するためのガイドラインです。
本ガイドラインは、『JEITA/ECALGA(標準書) Ⅱ 技術編』と『JEITA/ECALGA ebXML手順 実装ガイドライン』の補足ガイドの位置づけです。
2012年2月に発行しましたVersion2.0では、これまで規定した「システムルール」に加え、新たに「運用ルール」を規定し、より実用性を意識したASP間運用規定の強化・拡充を行っています。

プリンタ用画面