お知らせ
ECセンター案内
各種手続き
標準類
トップページ ≫ お知らせ

お知らせ

主な改定内容は次の通りです。
(1) ECM関連において技術情報受領情報(BD-0850)を追加し、技術情報区分に「10:新規設計非推奨情報」を追加。
(2) 改正消費税対応として課税区分に「6:軽減税率取引」を追加。
(3) セキュリティに関する記載内容の見直しを行った。
(4) C3ラベルのシンボル表示について、製品ラベルの国際標準IEC 62090:2017の改定内容との整合性を図り、受注者コードとシリアルナンバーを必須項目から、発注者・受注者がTPAで取決める任意項目に改定。
(5) ECALGA標準書記載内容の見直しを行い、記載内容、表記方法等を統一。

従来は、冊子(紙)で頒布しておりましたが、2017年度 翻訳版(英語・中国語)より頒布はCD-ROMのみとなります。(冊子での頒布は行いません)

※JEITA/ECALGA標準 2020年度版(CD-ROM)のお申込は、「刊行物」のページを参照ください。

EDAモデル専門委員会用のHPをリニューアルしました。
ECMにおけるIBISモデルを中心としたEDAモデルの活用技術の向上と流通の促進を目的に、次の情報を掲載し充実を図っていきます。
・EDAモデルに関する情報発信(初心者向け解説の提供や過去に開催したセミナーのテキスト等の提供を含む)
・IBISモデルに関する意見集約の場の提供および過去の技術資料等を掲載。

EDAモデル専門委員会

JEITA共通クライアントの対象OSを拡充し、Windows、Linuxに加え、WindowsServerにも対応いたしました。
併せて共通クライアント利用解説書を更新(Ver1.9)しましたのでお知らせ致します。

共通クライアント利用案内
共通クライアント利用解説書_Ver1.9
こちらからソフトウェアをダウンロードできます。

EDI2024年問題(固定電話網のIP化によるEDIへの影響と対策)情報提供サイトに掲載の『移行対応ガイドライン』を更新しました。
トップページの“「EDI 2024年問題」バナー”よりご参照ください。下記のガイドラインをダウンロードできます。

■ガイドライン(ASP・VAN利用企業/B2B受注企業/B2B発注企業向け)第1版_v1.1(PDF)
■ガイドライン(ASP・VAN事業者向け)第1版_v1.1(PDF)

Asian IBIS Summit (TOKYO)の講演内容を掲載しました。
詳細は“Asian IBIS Summit (TOKYO)開催のご案内”をご参照下さい。

(1) 2 3 4 ... 30 »