JEITA/ECALGA標準 2020年度版をリリースしました。

投稿日時 2021年04月09日
主な改定内容は次の通りです。
(1) ECM関連において技術情報受領情報(BD-0850)を追加し、技術情報区分に「10:新規設計非推奨情報」を追加。
(2) 改正消費税対応として課税区分に「6:軽減税率取引」を追加。
(3) セキュリティに関する記載内容の見直しを行った。
(4) C3ラベルのシンボル表示について、製品ラベルの国際標準IEC 62090:2017の改定内容との整合性を図り、受注者コードとシリアルナンバーを必須項目から、発注者・受注者がTPAで取決める任意項目に改定。
(5) ECALGA標準書記載内容の見直しを行い、記載内容、表記方法等を統一。

従来は、冊子(紙)で頒布しておりましたが、2017年度 翻訳版(英語・中国語)より頒布はCD-ROMのみとなります。(冊子での頒布は行いません)

※JEITA/ECALGA標準 2020年度版(CD-ROM)のお申込は、「刊行物」のページを参照ください。